NPO法人 北海道マンションネット

石油の共同購入協定書

協定書

灯油共同購入協定書

 特定非営利活動法人北海道マンション管理問題支援ネット(以下「北海道マンションネット」という。)と○○石油株式会社(以下「指定納入業者」という。)は、灯油の共同購入事業(以下「本事業」という。)に関して、次のとおり協定を締結する。
 なお、本事業に参加する北海道マンションネットの各団体会員(以下「灯油会員」という。)と指定納入業者は、本協定書を元に各自契約を締結するものとする。

(事業の統括)
第1条 北海道マンションネットは、灯油会員の利益を代表し、かつ、本事業の運用を統括する。

(北海道マンションネットの責務)
第2条 北海道マンションネットは、本事業への灯油会員の参加又は取りやめが生じた場合には、指定納入業者に対し、遅滞なく、その旨(通知日翌月以降における灯油会員としての納入の開始又は停止)を通告するものとする。
2 北海道マンションネットは、本事業の統括者として、灯油会員(同予定者を含む。以下同じ。)に対し、適宜に必要事項を周知するものとする。
ア)本事業への参加又は取りやめは、北海道マンションネット理事長宛に文書(別途様式)で通知すること
イ)本事業への参加を取りやめる場合で、引き続き当該指定納入業者と灯油納入の個別契約を締結する場合は、北海道マンションネットとの信義に基づき、本事業の灯油の納入価格を基準とした契約を行わないこと
ウ)個別契約に基づく対価の支払いは、灯油納入の翌月末日までに、指定納入業者が指定する銀行口座に振込むものとし、その手数料は灯油会員の負担とすること

(指定納入業者の要件等)
第3条 指定納入業者は、次の要件を満たすものであること
ア、年間を通して安定的に灯油を供給できること
イ、本事業の運用に関して、北海道マンションネットとの信頼関係を維持できること
ウ、本事業に係る灯油の納入数量を北海道マンションネットに適宜報告すること

(灯油の納入価格)
第4条 当該月の灯油の納入価格は、札幌市消費者センターが市内の灯油(多量配達)の実勢価格として毎月2回公表する価格のうち、その最低価格(当該月公表の「安値」を単純平均した額をいう。以下同じ。)を常に下回る価格とし、協定者双方の協議により妥当額を決定する。
2 前項の規定にかかわらず、指定納入業者は、為替その他石油製品市況の急激な変化等やむを得ない事情があると認められる場合にあっては、調査価格(最低価格)を超えて当該月の納入価格とすることができる。
3 前項の規定により、当該月の納入価格が同調査価格(最低価格)を超えることとなる場合にあっては、過去1年間(当該納入月の前月より過去12か月。以下同じ。)における本事業の納入金額の総額について、次式を満たすことを要する。
「納入金額」の総額≦「各月の調査価格(最低価格)×納入総数量」の総額

(有効期間)
第5条 本協定の有効期限は、平成27年3月31日までとし、協定者双方の何れからも協定破棄の申し出がない限り、引きつづき1年間更新するものとする。
2 前項に規定する本協定の破棄は文書で申し出るものとする。ただし、本事業に係る灯油納入を終了するまでに少なくとも3か月の猶予期間を設ける(灯油納入契約を継続する)ものとする。

(協議)
第6条 本協定に規定されていない事項又は疑義を生じた場合は、その都度、協定者の双方が誠意ある交渉を行い、解決を図るものとする。
(附記)
本協定は締結後直ちに発効し、従前の協定は本協定の締結により失効するものとする。

平成26年4月1日

(事業統括者) 特定非営利活動法人 北海道マンション管理問題支援ネット

(指定納入業者) ○○石油株式会社

▲このページの先頭へ